上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奄美大島ダイビング&カヌー珊瑚茶屋
siroisango.jpg
前回 蟹にお久しぶりと書いたけど僕がお久しぶりになってしまったよ

それにしても寒い 天気予報で最低12度 最高18度って言ってたけど
(東京は最低2度とか最高も10度いってなかったような・・・)
数字以上に寒く感じる きっと北風のせいた!! と思いつつ
格好みると まず靴下はいてない・・・ 
そうか 靴下だ 靴下はけゃいいんだ! と履いてみたけど
やっぱり寒い・・・ とおもいつつ カヌーをどっぷり漕いでいたのだけど
そのときちょっと話したこと・・・

というか滅多には話さないけど たまーーに話す・・・
あっ 別にずーーっとマングローブを見てきて 単に勝思ったことなのだけど

マングローブと海の関係・・・
まっ 聞きたくない人もいるだろうし 目の前に実際のマングローブがあるのに
わざわざ小難しいことを聞かなくても十分感じるものがあるので 僕はその感じる
ことを大切にしたいので あえては話さない・・・けど成り行きで話してしまった

まぁ 簡単にいったらマングローブと海はつながってるよってことだ

いや それでは簡単すぎる ってか当たり前か

川と海の境目がマングローブで 川からの汚れを受け止めてくれるフィルター
みたいな感じなのだと思う 汚れは栄養だからなくては困るし 無いということは
自然界ではありえない ってかもしもなかったら山には何もないことになっちゃう

でも汚れすぎていていても駄目なのだと思う フィルターの性能が追いつかないし
フィルター自体が駄目になっちゃう 

そして 多すぎた汚れはそのまま海に流れてしまう

汚れは泥だとすると 海には泥が積もる

そして その泥のせいでサンゴはお日様というご飯をもらえなくなる

サンゴが死んでしまえば餌にしていた魚や家にしていた生物も死んでしまう

自然は周ってる 良いことも連鎖しているのだろうが 一つ何処かに
ほころびがくれば 全体にほころびが来る気がする

それは人からすれば長い時間に感じられるかもしれないけど

ただ すごいことに(人もそうだけど) 自己修復が出来ちゃう
機械と違って・・・

とまぁ そんな話をしていたのだけど 

自分で言っておきながら 本当に自己修復できるんだろうか?
自己修復できるなら人間がコントロールなどせず ほったらかすことが一番
なのだろうけど・・・ そもそも自然をコントロールするってのは人間の思い上がりなのかもしれない

と珍しくまじめに考えた日でした

奄美大島ダイビング&カヌー珊瑚茶屋

コメント

えっちゃん
そうだね きっとそうなんだけど
本当は人も自然の一部のはずなのに
参加すると良くないってのは多分
今の人のあり方が間違いなのかもしれないね だからといって今更生活を
変えることは出来ないんだろうけどね

りんさん
意外とではなくほんとに寒いよ
でもそれは薄着だからかも・・・

人が自然の一部ではなくなっちゃた
からかもね 少なくと流れの中には
いないよね

ゆぎ
僕はもしかしたら自然が壊れていく
場所と時期を見ているのかもしれないから それは貴重なことなのかもしれないなぁと思ったよ
たまには真面目に考えるのもいいですね

自然はグルグルまわっていて
そこに人間も入れてもらっている
少し仲間に入れてもらっているだけで
過剰に参加してはダメなんでしょうね

冬の奄美。。。
着いたときは すごく暖かく感じたけど
数日いると そこの環境に慣れてしまった
でも昼間は やっぱり暖かかったよ
究極は、人間がいなくなるのが一番いい

そんな言葉は上手く共生できてる頃にはなかったんだろうなぁ。。。切ない。

奄美とかは冬は天気が悪くて風が強い日が多いから、体感気温が意外と低くて寒い
って、どっかで聞きました。

確かに、意外と寒いですよねー?
自然と人間の共存について、いろいろ考えちゃうね。人間が手を加えたらそれは本当の意味での自然ではなくなっちゃうよね。でもある程度人が入って守られて綺麗になっているものもあるけど、綺麗って思うのは人間が勝手に思うことだし、ボロボロになっても、自然になったことならそれが一番自然なことだし…うぅん難しいね。とりあえず自然に対して謙虚な気持ちだけは忘れないようにしようと真面目に考えてみた。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://amaminootomodati.blog89.fc2.com/tb.php/653-b98c9000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。