昨日 インターネットバンキングについて書いたんだが
今日はインターネットとは無縁な 僕の住んでいる集落の
ある商店について書いてみよう

商店といっても結構小さくて駄菓子屋さんみたいな感じだ
売っているものはちょっとのお菓子と焼酎 缶詰など・・・

最初見たときは「ここやってんのかなぁ?」って感じがしたけど
いつの間にか慣れてしまって今では違和感なし

そこのお店 80歳半ばのおばあちゃんが一人でやっているんだけど
そのおばあちゃん話し方などは結構若いんだけど足だけが悪く
歩くのは大変みたいだ だからお店には常時 人はいない
(自宅がつながっている) 欲しい物を選んで
大きな声で「コレください!」っていいながら自分で商品の値札を見ながら
そばに置いてある計算機で計算する(自分で) 合計の金額を
近くの机にでも置いておく おつりの場合は勝手にその辺に
小銭が置いてあるから(ころがっているから)
 計算して自分でとっていく

完全セルフだ・・・

平和じゃなくては出来ないと思う

最初はなんか不思議な感じがしたが 今は普通

なんでも慣れだね


奄美大島ダイビング&カヌー珊瑚茶屋
>>次のページ